債務整理相談の必要性


1、債務整理で困ったらまず相談を

「多額の借金を抱えてしまった。」、「いくら返済しても返済額が減らない。」などと、債務整理に関して何かお困りの事はないですか。自分ひとりではどうにもできなくなって、自殺や、夜逃げなどといった選択肢を選んでしまう方もおられるかもしれません。そんな困った時は迷わず、弁護士に相談しましょう。相談をするメリットはかなりありますので、それを紹介していきたいと思います。


2、借金が減額される可能性がある。

利息制限法という制度を知っているでしょうか。消費者金融や、サラ金がお金を貸すときに生じる利息には制限があり、この制限を定めている法律の名を、利息制限法と呼びます。利息制限法を少し説明すると、上限金利を、元本が10万円を超えない場合は、年に20パーセントで、10万円から100万円の範囲ですと、18パーセント、100万円を超える金額ですと、15パーセントとしっかりと決められているのです。しかし、この決められた金利以上に設定している消費者金融やサラ金がたくさんあるのが現状です。これをグレーゾーン金利と呼ばれています。その結果、もしかしたら自分がこの利息制限法で決められた金利以上の利息を払っているのかもしれません。こうなると、凄い損だと思いませんか。しかし、払いすぎた分の利息は返ってきます。これを過払い金請求といいます。過払い金請求は個人によってケースバイケースになってくるので、弁護士に相談しましょう。


3、正しい返済計画

弁護士に相談すると、自分に合った返済計画を作成してくれます。自分で月々の返済額をしっかりと管理するのは、なかなか簡単なことではありません。そこで、相談するとそれに基づいた返済計画にしたがえば良いだけなので、自己管理が苦手な人は、尚更債務整理を相談するべきなのではないでしょうか。


4、誰にも知られずに債務整理ができる

両親や結婚相手に、借金を隠している方もいられるかもしれません。この負債をばれずに整理したい、という方もぜひ弁護士に相談することをおススメします。誰にも知られたくないときにとる手法の一つとして、任意整理があります。任意整理というのは、利息制限法の上限金利で計算しなおして、もし過払い金があった場合は減額されます。そして、そこから残った元本を返済していくので、利息分を支払わなくていいので、だいぶ楽になるのではないのでしょうか。これは、債務整理の中でも人気がある手法です。


Posted in 債務整理 | コメントは受け付けていません。

債務整理にはどのような種類があるのでしょうか

債務整理には債務状況に合わせて色々な種類がるというのをご存知でしょうか。
そのため、自分に合った債務整理がどのようなものか知っておかなければ適切な対処が出来なくなってしまいます。
自分にはどれがぴったりなのか分からないという方はぜひ一度お近くの弁護士などにご相談を。


債務の返済が厳しくなった方は任意整理がベター

毎月の返済が苦しくなってきたという方にまず検討していただきたいのが任意整理です。
任意整理では債務の削減などを行うことは出来ませんが金利のカットなど行えるので、返済が苦しくなってきたという方にはおすすめの債務整理です。
また、債務の削減を行わないぶんデメリットも少なくなっているのが特徴で、ブラックリストに5年間登録される以外のデメリットはありません。
そのため、債務整理の中でも一番多く利用されるのが任意整理となっており、債務で悩んでいるという方にはまずこちらを検討していただきたいと思います。


債務自体を削減する債務整理はこちら

債務の返済が現状では不可能であるという方は個人再生や自己破産をご利用ください。
個人再生では最大3分の1まで債務を削減することが可能となっているので、月々の返済もかなり楽に行うことが出来るようになるのではないでしょうか。
また、個人再生では住宅や車など高額の財産も手放さなくて済むようになっているので、自己破産を行いたくないという人はこちらを利用しているようです。
自己破産では債務を帳消しにする代わりに職業制限など大きなデメリットがまっています。
利用条件としてもギャンブルで作った債務では認可されないなど厳しい決まりもあるので、他にはどうしようもない場合の最終手段として検討されることをおすすめします。
両者ともに10年程度ブラックリストに登録されるだけでなく、国が発行する官報に名前も載ってしまうのでご注意ください。

上記以外にも過払い金の返還請求も債務整理の一つとされているなど、それぞれの債務状況に合わせて適したものは変わってきます。
そのため、返済に困り始めたときは早めにお近くの法律事務所へ相談されることをおすすめします。

Posted in 債務整理 | コメントは受け付けていません。

債務整理の専門家は司法書士

司法書士に相談して法的手続きをとってもらいましょう。
そのためには、まずお近くの弁護士事務所に行ってください。
弁護士なんて堅苦しくて、その事務所はもっと行きづらいかもしれませんが大丈夫です。
門前払いをくらう、なんてことはありえないので安心して足を運びましょう。


債務整理の専門家、司法書士

債務整理は、裁判所に行く必要はありません。
お近くの弁護士事務所で、司法書士に相談しましょう。
任意整理なら、借金問題の専門家である司法書士が、あなたが借金をしている金融業者と交渉をしてくれます。
任意整理をすることで、あなたの返済が計画的に出来るようになります。
借金は減り、その利息をなくすことが出来ます。


任意整理では難しいときは

任意整理がダメだったとしても、他の債務整理に民事再生と自己破産があります。
民事再生は、住居を残したまま借金をだいぶ減らすことができるので、今住んでいる家を手放したくない方に向いています。
自己破産は、大きな財産が差し押さえられてしまいますが、ある程度は残すこともできます。
その代わり、借金をほぼ全額なくすことができるので、一度借金地獄に陥ってしまったけど新しい一歩を踏み出したい方に向いています。
どちらも裁判所で行う債務整理ですが、困ったときは弁護士に相談してみましょう。

Posted in 債務整理 | コメントは受け付けていません。

利息が重いときは債務整理

利息を払ってばかりで元金が全然減ってないと思ったら、債務整理をしましょう。
複雑な事情があって借金をしたあなたは、おそらくは毎月決まった金額を少しずつ返しているでしょう。
そういった分割払いには利息がつきものですが、借りる金額によってはとても重い金利がのせられている可能性があります。
元金が全然と減らないと思ったら、弁護士に債務整理の相談をしてみましょう。


債務整理で何がどうなるのか

債務整理のなかでも任意整理をすることで、利息をなくすことが出来ます。
法的手続きと聞くと、裁判所による差し押さえなどの強制執行を思いついて避けようとする方が多いでしょう。
しかし、債務整理には弁護士に相談するだけの任意整理があります。
任意整理は裁判所に関係なく、弁護士との間で手続きを進められるため何も怖いことはありません。
上手くいけば、利息をなくして借金も減らすことが出来ます。


利息を侮ってはいけない

利息の合計額を計算してみたら、元金より高くなっていたなんてことは珍しくありません。
払い終わった後でも、過払い金返還請求は出来ます。
しかし、金融業者が倒産するなどのトラブルがあると請求が不可能になってしまうので、出来る限り借りている間に債務整理の相談をしましょう。

Posted in 債務整理 | コメントは受け付けていません。

どんなときに債務整理するべきか

複数の借金を抱えている方は、おまとめローンなどのローンをまとめるよりも債務整理を受けてみたほうがいいかもしれません。
いろいろな金融業者から借金をしてしまって返済が大変な方は、一度弁護士に債務整理の相談をしてみるべきです。
弁護士や裁判所と聞くと、つい身構えてしまって相談もしづらいでしょう。
それなら、今まで利用してきた金融業者のほうが慣れているので、おまとめローンなどに手を出してみようと決めてしまう方が多いです。
しかし、それは債務整理よりも危ないかもしれません。


おまとめローンには落とし穴がある

複数の借金を1つにまとめることで支払が楽になるとともに、金利が下がるおまとめローンは、一見するとメリットしかないように見えます。
しかし、1つにまとめたことで返済期間が大幅に延びます。
そして、払わなくてはいけない利息の回数が増えます。
すると、金利は下がったけれど利息の合計額が増えてしまっている、という状況が起きることもあるのです。


そんなときは債務整理

債務整理をすれば利息をなくすことができて、借金を減らすことも出来ます。
任意整理であれば、弁護士との相談だけで手続きがとれるので安心です。
おまとめローンの返済が終わった方であっても、後から過払い金の返還請求が出来るため諦めずに相談してみてください。

Posted in 債務整理 | コメントは受け付けていません。

債務整理とは

債務整理には、主に任意整理、民事再生、自己破産の3つがあります。
借金の返済で生計を立てるのが苦しくなってしまった時になんとかして借金を返したい方へ向けて、弁護士が相談を受けて法的手続きを行うことを「債務整理」といいます。
いずれの法的手続きも、借金を減らすあるいはなくすことを目的としています。
では、手続き毎にどういった内容なのかを簡単にご説明します。


債務整理その1:任意整理

借金をしている方と弁護士で返済の方法や総額について相談し、現在の状態よりも良い条件で支払いを可能にするための手続きが任意整理です。
借金をしている方と弁護士の間だけの手続きなので、裁判所が関与せず、3つの債務整理の中で一番利用者が多いようです。


その2:民事再生

借金をしている方が、住居などを手放さずに借金を大幅に減額するための手続きが民事再生です。
減額をする代わりに、原則3年間の分割払いの計画書を裁判所に認可してもらわなければいけません。


その3:自己破産

借金をしている方が、裁判所に返済が不可能と認められた場合に借金をなくすことが出来る手続きが、自己破産です。
民事再生と違って大きな財産は差し押さえられてしまいますが、ある程度は残すことが出来ます。

Posted in 債務整理 | コメントは受け付けていません。