利息が重いときは債務整理

利息を払ってばかりで元金が全然減ってないと思ったら、債務整理をしましょう。
複雑な事情があって借金をしたあなたは、おそらくは毎月決まった金額を少しずつ返しているでしょう。
そういった分割払いには利息がつきものですが、借りる金額によってはとても重い金利がのせられている可能性があります。
元金が全然と減らないと思ったら、弁護士に債務整理の相談をしてみましょう。


債務整理で何がどうなるのか

債務整理のなかでも任意整理をすることで、利息をなくすことが出来ます。
法的手続きと聞くと、裁判所による差し押さえなどの強制執行を思いついて避けようとする方が多いでしょう。
しかし、債務整理には弁護士に相談するだけの任意整理があります。
任意整理は裁判所に関係なく、弁護士との間で手続きを進められるため何も怖いことはありません。
上手くいけば、利息をなくして借金も減らすことが出来ます。


利息を侮ってはいけない

利息の合計額を計算してみたら、元金より高くなっていたなんてことは珍しくありません。
払い終わった後でも、過払い金返還請求は出来ます。
しかし、金融業者が倒産するなどのトラブルがあると請求が不可能になってしまうので、出来る限り借りている間に債務整理の相談をしましょう。

This entry was posted in 債務整理. Bookmark the permalink.

Comments are closed.