債務整理相談の必要性


1、債務整理で困ったらまず相談を

「多額の借金を抱えてしまった。」、「いくら返済しても返済額が減らない。」などと、債務整理に関して何かお困りの事はないですか。自分ひとりではどうにもできなくなって、自殺や、夜逃げなどといった選択肢を選んでしまう方もおられるかもしれません。そんな困った時は迷わず、弁護士に相談しましょう。相談をするメリットはかなりありますので、それを紹介していきたいと思います。


2、借金が減額される可能性がある。

利息制限法という制度を知っているでしょうか。消費者金融や、サラ金がお金を貸すときに生じる利息には制限があり、この制限を定めている法律の名を、利息制限法と呼びます。利息制限法を少し説明すると、上限金利を、元本が10万円を超えない場合は、年に20パーセントで、10万円から100万円の範囲ですと、18パーセント、100万円を超える金額ですと、15パーセントとしっかりと決められているのです。しかし、この決められた金利以上に設定している消費者金融やサラ金がたくさんあるのが現状です。これをグレーゾーン金利と呼ばれています。その結果、もしかしたら自分がこの利息制限法で決められた金利以上の利息を払っているのかもしれません。こうなると、凄い損だと思いませんか。しかし、払いすぎた分の利息は返ってきます。これを過払い金請求といいます。過払い金請求は個人によってケースバイケースになってくるので、弁護士に相談しましょう。


3、正しい返済計画

弁護士に相談すると、自分に合った返済計画を作成してくれます。自分で月々の返済額をしっかりと管理するのは、なかなか簡単なことではありません。そこで、相談するとそれに基づいた返済計画にしたがえば良いだけなので、自己管理が苦手な人は、尚更債務整理を相談するべきなのではないでしょうか。


4、誰にも知られずに債務整理ができる

両親や結婚相手に、借金を隠している方もいられるかもしれません。この負債をばれずに整理したい、という方もぜひ弁護士に相談することをおススメします。誰にも知られたくないときにとる手法の一つとして、任意整理があります。任意整理というのは、利息制限法の上限金利で計算しなおして、もし過払い金があった場合は減額されます。そして、そこから残った元本を返済していくので、利息分を支払わなくていいので、だいぶ楽になるのではないのでしょうか。これは、債務整理の中でも人気がある手法です。


This entry was posted in 債務整理. Bookmark the permalink.

Comments are closed.