どんなときに債務整理するべきか

複数の借金を抱えている方は、おまとめローンなどのローンをまとめるよりも債務整理を受けてみたほうがいいかもしれません。
いろいろな金融業者から借金をしてしまって返済が大変な方は、一度弁護士に債務整理の相談をしてみるべきです。
弁護士や裁判所と聞くと、つい身構えてしまって相談もしづらいでしょう。
それなら、今まで利用してきた金融業者のほうが慣れているので、おまとめローンなどに手を出してみようと決めてしまう方が多いです。
しかし、それは債務整理よりも危ないかもしれません。


おまとめローンには落とし穴がある

複数の借金を1つにまとめることで支払が楽になるとともに、金利が下がるおまとめローンは、一見するとメリットしかないように見えます。
しかし、1つにまとめたことで返済期間が大幅に延びます。
そして、払わなくてはいけない利息の回数が増えます。
すると、金利は下がったけれど利息の合計額が増えてしまっている、という状況が起きることもあるのです。


そんなときは債務整理

債務整理をすれば利息をなくすことができて、借金を減らすことも出来ます。
任意整理であれば、弁護士との相談だけで手続きがとれるので安心です。
おまとめローンの返済が終わった方であっても、後から過払い金の返還請求が出来るため諦めずに相談してみてください。

This entry was posted in 債務整理. Bookmark the permalink.

Comments are closed.