債務整理とは

債務整理には、主に任意整理、民事再生、自己破産の3つがあります。
借金の返済で生計を立てるのが苦しくなってしまった時になんとかして借金を返したい方へ向けて、弁護士が相談を受けて法的手続きを行うことを「債務整理」といいます。
いずれの法的手続きも、借金を減らすあるいはなくすことを目的としています。
では、手続き毎にどういった内容なのかを簡単にご説明します。


債務整理その1:任意整理

借金をしている方と弁護士で返済の方法や総額について相談し、現在の状態よりも良い条件で支払いを可能にするための手続きが任意整理です。
借金をしている方と弁護士の間だけの手続きなので、裁判所が関与せず、3つの債務整理の中で一番利用者が多いようです。


その2:民事再生

借金をしている方が、住居などを手放さずに借金を大幅に減額するための手続きが民事再生です。
減額をする代わりに、原則3年間の分割払いの計画書を裁判所に認可してもらわなければいけません。


その3:自己破産

借金をしている方が、裁判所に返済が不可能と認められた場合に借金をなくすことが出来る手続きが、自己破産です。
民事再生と違って大きな財産は差し押さえられてしまいますが、ある程度は残すことが出来ます。

This entry was posted in 債務整理. Bookmark the permalink.

Comments are closed.